高融点物蒸留
&フレーク化

蒸留フレーク

常温では固体の化合物を蒸留し、そのままフレーク化するため 再溶解による品質の劣化を防ぎ取扱いも容易。

フレーカー原料受器処理量/時間基数材質
ドラム式100L30㎏/日1基SUS

お問い合わせContact

蒸留に関するお悩み事などありましたら、お気軽にお問い合わせください。